借り換えローンは総量規制対象外にあたる?

多重債務状態になるとおまとめローンを検討することになりますが、おまとめローンには、資金使途フリーで出し入れ自由のカードローン方式のものと、借り換えを目的とした借り換えローンの2種類があります。出し入れ自由のカードローン方式のものは、低金利で借入限度額の大きな銀行カードローンのことがほとんどで、借り換え専用ではなくおまとめに向いているローンと言えます。銀行カードローンの場合には総量規制対象外のローンの商品です。
借り換えローンは消費者金融や信販会社などの貸金業者や銀行からも提供されています。通常、貸金業者の商品は、総量規制の適用を受けますが、これらの借り換えローンの場合には、借り換えを目的とした目的別のローンですので返済専用のローンで総量規制対象外となります。総量規制対象外ですので、年収の3分の1以上を融資を行うことも可能となります。
銀行カードローンの場合には、ほとんどのケースでは前述の低金利、且つ利用限度額の大きな商品が借り換えとして利用されますが、中には、借り換えを目的とした借り換えローンを提供しているところもあります。銀行の商品ですので、総量規制対象外の商品で、返済専用として利用することもできますし、枠が空いたら融資を受かられるタイプのものもあります。
もちろん、比較的審査に通りやすい消費者金融のキャッシングでも借り換えローンとして利用することもできますが、この場合には、金利は必然的に高くなりますし、年収制限を受けることになります。