クレジットカードも借金のひとつです

普段の生活でクレジットカードを利用されている方もたくさんいらっしゃいます。
ショッピングの代金支払い、公共料金や携帯電話代の料金支払い、ネットショッキングやオークション取引での決済など、様々な目的で活躍していることでしょう。
手元に現金が無くてもカードを提示すれば支払いが完了しますので、いざという場合でも利用することも多いかと思います。

しかし、クレジットカードの利用代金は必ず後から返済しなくてはいけません。
そういう意味では、クレジットカードも借金のひとつといえるでしょう。
そして、このクレジットカードの利用代金を支払うことができずに苦しんでいる方も、たくさんいらっしゃいます。

クレジットカードを利用する場合には、必ず計画的に返済できることを確認しておく必要があります。
とくに翌月一括返済の場合に比較して、リボ払いを選択すると、毎月の返済金額は少なくすみますが、その分返済が長期間に及ぶことになりますので注意しましょう。
その分手数料(借金での金利)の負担も大きくなります。
便利だからといってクレジットカードの利用のしすぎには注意しなくてはいけません。

また最近のクレジットカードの利用方法として「ショッピング枠の現金化」が登場しています。
クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入し、購入した商品を一定の割合で買い取ってもらうことで現金を手に入れるという手法です。
しかし、このような目的でのクレジットカードの利用は禁止されており、万が一自己破産などの手続きを取った場合には免責されないこともありますので注意しましょう。
債務整理の費用はいくらでどこが良い?メリット・デメリットを知って決断を!はこちら