カードローンの疑問

カードローンの利用では、様々な疑問が浮かんできます。
その疑問をそのままにしておくと、思わぬ失敗を招くこともあります。
利用前には、疑問点は必ず解決しておくようにしましょう。
ここでは、カードローンの借入に関するよくある質問を紹介します。

Q.過去にクレジットカードの支払いで延滞をしたのですが、カードローンで借入はできますか?
→A.延滞の期間や時期によっては、借入ができないこともあります。

カードローンの借入には、必ず審査に合格しなければいけません。
審査でも、特に重要となるのが「個人信用情報」の内容です。
「個人信用情報」ではローンだけではなく、クレジットカードの利用状況も記録されており、支払い延滞の情報もきちんと記録されています。

基本的には、延滞「3ヶ月以上」の情報があると、カードローンに審査に合格することは難しいでしょう。
延滞記録は、最低でも2~5年間は保存されますので、その間はカードローンの借入はできないことになります。
では2ヶ月の延滞であれば借入可能かといえば、一概にはいうことはできません。
短期間の延滞でも、審査に不合格となる可能性も十分にあります。
単純な入金忘れでも、その分信用が低いと判断されてしまいますので、このようなことのないようにしておきたいものです。

Q.以前利用していたカードローンでふたたび借入したいのですが、条件は同じでしょうか?
→A.利用していない期間によりますが、基本的には同じですが、金利タイプが変動金利の場合には注意が必要。

過去に借入して完済したカードローンを再度利用したいと考える方にとって、その条件が変わっていないかどうかは、非常に気になるところです。
完済してからそれほど時間が空いていないのであれば、条件は変わらないと考えてもいいのではないでしょうか。
利用者の収入状況や住居状況などの変化がなければ、借入限度額などの条件は同じであるといえます。
ただし、返済途中に延滞などの事故を起こしていると、借入限度額が引き下げられていることもありえます。

また適用される金利が、固定金利ではなく変動金利の場合には、商品の金利自体が変わる可能性もあります。
変動金利とは、世間の情勢により、つど適用金利の見直しを行うものですので、常に変化することが考えられます。

いずれにしても、完済後再度利用をしようとする場合には、カードローン会社に問い合わせてみることをおすすめします。
条件面が変更されていると、その分利用についても慎重に考える必要があるでしょう。

Q.カードローンのカードだけを作って、借入をしないことは可能でしょうか?
→当然、可能です。

すぐにお金を借りる必要がなくても、カードローンのカードだけを作っておくことも、当然可能です。
申込みの手続きも、なんら変わるものではありません。

一枚カードを作っておくと、いざというときにすぐにお金を借りることができますので、便利であるとともに安心感を持てるのではないでしょうか。
急にまとまったお金が必要になったときに、近くのコンビニやATMで借入することができます。
コンビニなどでは深夜の時間帯でも利用することができますので、非常に便利です。

ただし、借入を行わなくても、カードローンを保有している情報は「個人信用情報」に記録されます。
この情報は、他のローンやクレジットカードの審査でも利用され、カードローンの利用残高がなくても、借入限度額の範囲内でいつでも借入できると仮定して、審査が行われます。
とくに、「総量規制の対象」の商品では、借入残高ではなく、借入限度額での計算が行われますので注意しましょう。

ソニー銀行カードローンの借り方|申込方法から融資までの流れはこちら